スピーダー エボリューション 7

藤倉コンポジット スピーダーエボリューション III 661


5 先調子 2 5S 56 4. 4 中調子 3 5S 57 4. 4 先調子 4 55S 57 4. 3 中調子 5 55S 57. 5 4. 3 先調子 6 5S 58. 5 6 中調子 7 569S 59. 5 4. 5 先調子 8 569S 56. 5 4. 4 元調子 9 569S 59 4. 6 中調子 10 569S 59 4. 5 ダブル 11...


40グラム台、50グラム台、60グラム台と試打すると、手元のトルクを締めているせいかしなり感はあっても頼りなさは感じません。 「NX」は手元のねじり剛性(トルク)を締めて中間をゆるめてトルクの差を大きくするとヘッドスピードを上げやすいという検証結果から生まれたモデルなのですが、新作のグリーンは前作よりも手元のトルクを締め先端の剛性を高めたことで、球が上がり過ぎずスピン量もおさえられたことで強い弾道になったというのです。 当時発売されていたテーラーメイドの「SIM2」のブルーを基調としたカラーと「NX」のブルーのコスメがマッチし過ぎて、他メーカーから嫌味を言われたとか……。 40グラム台から70グラム台までのラインナップで40グラム台に限ってははR2・R・SR・Sというスペックになっています。 それは冗談としても今作ではグリーンのコスメをまとってデビューしました。


藤倉コンポジット スピーダーエボリューション III 661" title="7 スピーダー エボリューション">
。 。 。 。 。


。 。 。 。 。


。 。 。 。